詰まりや水道の修理。トイレのまりなら、MSSへ

電話でのお問い合わせは0120-93-1239

水道周りの詰まり(つまり)トラブルは、24時間受付!

詰まり

風呂、トイレ、台所、キッチン、洗面所、排水溝、排水管の詰まり(つまり)修理はお任せ下さい!

詰まり(つまり)抜き専門のチームを作り、即日の修理対応(受付から基本的に24時間以内)を実施しています。
風呂、トイレ、台所、キッチン、洗面所、洗面台、洗濯機まわり、排水管や排水溝つまりなど、水道周りの詰まり(つまり)のトラブルを解決致します。一般家庭の排水溝つまり(トイレつまりetc.)、飲食店や工場オフィースの排水設備のつまり抜きなど、突発的に起きてしまいます。そんな、水道周りの詰まり/つまり抜きのことなら、ご気軽にお問合せ下さい。

information詰まり/つまりの修理は、お任せください!


トイレのトラブル・・・トイレつまり、便器(小便器)つまり、トイレ周りの詰まり。
台所・キッチン・のトラブル・・・排水溝に物を落として詰まらせた、台所のシンクの詰まり、キッチンの排水溝つまり。
風呂・ユニットバスのトラブル・・・風呂の排水が悪い、浴槽の流れが遅い、風呂の排水溝が詰まった、風呂の水引きが遅い。
洗面所・洗面台のトラブル・・・洗面台の排水配管つまり、洗面台の排水口に物を落とした、洗濯機まわりの排水溝つまり。
屋外の排水配管のトラブル・・・配管の詰まり、排水枡からの溢れ、宅地内の地面から汚水が溢れ出ている。
その他のトラブル・・・各種水道配管の水漏れ、雨水管の溢れ、宅地内の様々な詰まりトラブルに対応します。

水道まわりトラブルは、何時起こるか予測できません。土日祝日、夜間や深夜などに水まわりトラブルに見舞われることだって想定できます。夜中だから、休日だからと諦めてしまう前に24時間365日年中無休でお客様のサポートを致します。
☆トイレがつまった!水道が流れない!等の水道トラブル時は、無料電話相談も行っていますので、ご気軽にお電話して下さい。

水道が止まらないという水のトラブルが発生した場合
最初に行うことは、止水栓を締めるようにしましょう。止水栓の場所が判らない時は、水道の元栓を止めます。
水道のトラブルが起きた時には、パニックになりやすいですが落ち着いた初期対応が重要です。
止水栓には、トラブル時に水道を止める役割と水勢を調整する役割の2通りがあります。慌てて、止水栓を締め忘れて修理を始めると水があふれ出すことになります。
止水栓は、トイレの場合は、タンクの給水管についています。その他にも、台所蛇口の止水栓や混合水栓の一部の機種には装備されている蛇口もあります。給水の止め方は、マイナスドライバーで、時計回りに回すと、止水栓は締まります。タンク周りに止水栓がない、止水栓が見当たらない、探しても見当たらないという場合には、家屋全体の元栓で締めるようにしましょう。
元栓の設置場所が不明の場合には、一般的に、元栓は水道メーターの近くに設置されているので水道メーターの近くを探してみて下さい。
元栓の場所や形状は、新旧によって異なります。しかし、いずれも時計回りに回すと締まります。家屋全体の元栓は、戸建て住宅の場合には、宅地内の地面にあり、マンションなどの集合住宅の場合には、玄関横のパイプシャフト内に設置されています。
止水栓が固くて回らない時は、無理をせず、家屋全体の元栓で締めるようにした方が良いでしょう。無理に回すと、配管を折ってしまう恐れがあるので無理に回さない方が無難です。作業に必要な道具に関しては、マイナスドライバーのみとなります(10円玉などのコインでも代用することができます。)。修理が完了したら、元栓や止水栓を開けるのですが、万が一のためにも止水栓の調整の仕方を事前に覚えておいた方が急なトラブルが起こった時には、かなり役立ちます。

緊急水道修理業者に関する告知
現在、日本国内に水道修理や工事を行う業者、詰まり(つまり)除去や水漏れの修理を行う水道屋が多数あります。その内の一部の水道業者による悪質な営業方法が社会的な問題となっています。また、水道業界全体の信用が低迷している実情でもあります。当社では、設立当初から、水道関連の電話無料相談を24時間(修理受付含む)受付けて相談等に応じております。日常生活で起こりうる、「詰まった!」。「流れない!」。「排水管からの水漏れ!」など、簡易的な排水の詰まり抜きの応急修理方法のご提案も行っています。「困った!」等の水道トラブル時、水周りの水道修理や水道工事は、ご気軽にお問合せ下さい。また、給排水管の交換工事も承っています。